ホーム >

『第7回「つなげる、やさしさ。」健診・人間ドック体験記コンクール』を開催します

トップバナー.jpg
"延ばそう!健康寿命"をスローガンに、当センターがすすめている「つなげる、やさしさ。」プロジェクト。昨年に引き続き、第7回目となる
「つなげる、やさしさ。」健診・人間ドック体験記コンクールを開催いたします。

ご自身だけでなく、ご家族や友人、知人が健診や人間ドックを受け、病気の早期発見や生活習慣の改善などにつながった体験、受診を通して感じたこと、思ったこと、伝えたいことなどをまとめた体験手記などを広く募集します。

最優秀作品賞受賞者には、全国の加盟している農協(JA)店舗の他、JGC系統指定代行店(JAギフト加盟店)や指定百貨店などでご利用いただけるJA商品券と、山梨県JAグループの特産品を贈呈します。また、ほか入賞者にも山梨県JAグループの特産品を贈呈します。
なお、応募してくださった方全員にクオカード(500円分)を贈呈します。
詳しくは以下の「応募について」をご覧ください。

ご家族へ、大切な人へ、そして未来へ「つなげる」
あなただけのストーリーをお聞かせください。

皆様からのご応募お待ちしております!

応募について(募集は終了しました)

題材
本人または家族、友人、知人が健診や人間ドックを受け、病気の早期発見や早期治療、生活習慣の改善などにつながった体験や、受診を通して感じたこと、思ったこと、伝えたいことなどをまとめた体験手記とします。

応募資格
特にありません

応募規定
・応募作品は、8002,000以内とします。
・題名、氏名(ふりがな)、年齢、性別、郵便番号、住所、電話番号(日中の連絡先)を明記した表紙を添付してください。

応募締切

令和3年2月26日(金当日消印有効

応募方法
事務局宛に、郵送またはホームページからご応募ください。

入賞発表
令和3年4月22日(木)
※JA山梨厚生連内に設置した審査委員会で厳正に審査し、入賞作品はホームページで公表するとともに、入賞者へご連絡いたします。

入賞・副賞

最優秀作品賞 1名 賞状、JA商品券5万円分、JAグループの特産品5万円分
優秀作品賞  3名 賞状、JA商品券3万円分、JAグループの特産品 2万円分
JA全厚連特別賞 1名 賞状、JA商品券1万円分、JAグループの特産品 5,000円分

佳作     5名 JAグループの特産品 5,000円相当

※応募者全員にクオカード(500円分)を贈呈します。

その他
◆ご応募に関する注意事項
・応募作品は返却しません。
・応募作品は自分で書いたもので、未発表のものに限ります。
・応募規定を満たさない作品は規定外とし、審査の対象としません。
・複数応募も可能ですが、参加賞はお1人様1点とさせていただきます。(応募規定を満たす作品のみ)
・コンクールの審査結果に関わらず、応募作品に関する所有権、著作権等の権利は、主催者側に帰属するものとし、それらを印刷物やホームページ等に使わせていただくことがあります。

◆個人情報に関する注意事項
・応募の際いただいた個人情報は、応募の確認、各賞の選考、入賞者ならびに入賞作品の公表・通知、賞品等の発送、印刷物やホームページ等への掲載など、当コンクールでの事業以外には使用しません。

■募集チラシはコチラをご覧ください。
■メールでのお申し込みは コチラから
原稿は1ページ20字×20行、A4判サイズに縦書きで作成し、ワードファイルに保存してご応募をお願いいたします。
(応募メールに原稿のファイルを添付してお送りください。)


※上記でメール送信ができない方は、メールの件名と本文に下記の必要事項をご入力の上、原稿を添付して送信してください。よろしくお願いいたします。
■必要事項■
《件名》第7回「つなげる、やさしさ。」健診・人間ドック体験記コンクール応募
《本文》【氏名】【フリガナ】【年齢】【性別】【郵便番号】【住所】【電話番号(日中連絡のとれる電話番号)】【作品名】【どちらで当コンクールを知りましたか】
※原稿は1ページ20字×20行、A4判サイズに縦書きで作成し、ワードファイルに保存・添付して応募してください。


お問い合わせ・ご応募先
〒400-0035 山梨県甲府市飯田1-1-26
JA山梨厚生連 健診・人間ドック体験記コンクール事務局
電話 055-223-3633
(平日:午前830分から午後5時まで)
MAIL web@y-koseiren.jp



前回の最優秀作品、優秀作品を動画でご覧いただけます

「妻に遺した検診手帳」
 ~第9回「つなげる、やさしさ。」健診・人間ドック体験記コンクール最優秀作品~

検診クリニックで偶然出会った女性。
大の病院嫌いの彼女を健診に向かわせる、ある出来事とは...。
健診の意味を改めて考えさせられる、傑作です。



「父娘の絆」
 ~第9回「つなげる、やさしさ。」健診・人間ドック体験記コンクール優秀作品

親は子を想い、子は親を想う。
大切な誰かの命を本気で考えたとき、
その想いは時を超え、そして重なっていく。
農家を営む父親の視点から書かれた、感動の物語。



「本当の贈り物」
 ~第9回「つなげる、やさしさ。」健診・人間ドック体験記コンクール優秀作品~

母親を乳がんで亡くした作者は、人間ドックの結果、
右胸の要精密検査との診断を受ける。
検査の苦痛と不安な日々。
そんな作者に、5歳の娘がとった行動とは...。



「命のロウソク」
 ~第9回「つなげる、やさしさ。」健診・人間ドック体験記コンクール優秀作品~

軽い気持ちで受けた脳ドックで、夫に脳動脈瘤が見つかった。
手術をしても、そのまま放置してもリスクがある。
押しつぶされそうな不安の中、子どもの頃に観たテレビのシーンが蘇る。
それは、人の寿命を表すロウソクの炎が、洞窟で揺れる映像だった...。