組織概要

ホーム > 組織概要 > 沿革

沿革

昭和52年10月 事業開始(甲府市飯田1丁目1番20号)
昭和52年11月 初の定期健康診断を実施
昭和53年7月 総合健診(人間ドック)事業開始
昭和58年10月 広報誌「しあわせ号」創刊
昭和61年6月 厚生連健康管理センター開所(甲府市飯田3丁目2番44号)
昭和61年7月 外来診療業務を開始
昭和63年7月 CTスキャンによる検診を開始
昭和63年11月 第1回山梨県農村医学会を開催
平成11年1月 県内初のマンモグラフィ検診車を導入
平成12年12月 新健康管理センター開所(甲府市飯田1丁目1番26号)
平成13年9月 日本総合健診医学会「優良総合健診施設」に認定
平成14年1月 マンモグラフィ検診施設画像認定施設に認定
県内初のデジタル胃部レントゲン検診車を導入
平成14年4月 県内初、健康保険組合連合会・日本病院会指定「一日人間ドック施設」に認定
平成16年6月 日本初となるデジタルマンモグラフィ装置を搭載した検診車を導入
平成17年2月 県内初、マルチスライスヘリカルCT装置を搭載した検診車を導入
平成18年5月 医療機関として県内初となる「プライバシーマーク」付与認定
平成22年3月 新健康管理センター別館開所
平成30年5月 新健康管理センター増改築工事完了
3テスラMRI装置とCT装置(80列)を導入
新健康管理センター別館開所
昭和52年10月
事業開始(甲府市飯田1丁目1番20号)
昭和52年11月
初の定期健康診断を実施
昭和53年7月
総合健診(人間ドック)事業開始
昭和58年10月
広報誌「しあわせ号」創刊
昭和61年6月
厚生連健康管理センター開所
(甲府市飯田3丁目2番44号)
昭和61年7月
外来診療業務を開始
昭和63年7月
CTスキャンによる検診を開始
昭和63年11月
第1回山梨県農村医学会を開催
平成11年1月
県内初のマンモグラフィ検診車を導入
平成12年12月
新健康管理センター開所
(甲府市飯田1丁目1番26号)
平成13年9月
日本総合健診医学会「優良総合健診施設」に認定
平成14年1月
マンモグラフィ検診施設画像認定施設に認定
県内初のデジタル胃部レントゲン検診車を導入
平成14年4月
県内初、健康保険組合連合会・日本病院会指定「一日人間ドック施設」に認定
平成16年6月
日本初となるデジタルマンモグラフィ装置を搭載した検診車を導入
平成17年2月
県内初、マルチスライスヘリカルCT装置を搭載した検診車を導入
平成18年5月
医療機関として県内初となる「プライバシーマーク」付与認定
平成22年3月
新健康管理センター別館開所
平成30年5月
新健康管理センター増改築工事完了
3テスラMRI装置とCT装置(80列)を導入