イベント

ホーム > イベント > 出前授業~がん教育~

出前授業~がん教育~



生活習慣の改善が"がん"の予防に繋がることは、様々な研究によって明らかにされています。しかし、一度身についた生活習慣を変えることは、それほど容易ではありません。
若いうちから"がん"を予防するための生活習慣を学び、"がん"になりにくい体づくりと環境づくりに取り組めるようにすること。
それが子どもたちに対する、私たち厚生連の使命です。

次世代を担う子どもたちへ




なぜ「がん教育」が必要なのか?

 生涯のうち国民の2人に1人が「がん」なると推計されており、若いうちから誰もが「がん」を身近な病気としてとらえ、基礎的な教養を持つことが必要になってきています。
また、がん対策基本法(平成18年法律第98号)の下、政府が策定したがん対策推進基本計画(平成24年6月)においては、「子どもに対しては、健康と命の大切さについて学び、自らの健康を適切に管理し、がんに対する正しい知識とがん患者に対する正しい認識をもつよう教育することを目指し、5年以内に、学校での教育の在り方を含め、健康教育全体の中で「がん」教育をどのようにするべきか検討し、検討結果に基づく教育活動の実施を目標とする」こととされています。
このような背景から、小・中・高校生を対象に、がん教育がスタートすることになりました。

 がんは生活習慣を整えることである程度予防することができます。そして、がんはもう不治の病ではなく、早期発見、早期治療によって9割以上の人が治ります。
がんに対する正しい知識を若い世代に伝え、誤解や偏見を無くし、社会全体でその予防と早期発見に取り組んでいきたい。
そんな思いから、山梨厚生連ではがん教育に力を入れていきたいと考えています。



がん教育レポート

2018年6月18日  甲府市立千塚小学校6年生
2018年2月26日  甲府市立北新小学校6年生
 



出前授業のお申し込みは...

 まずはお電話でお問い合わせください
 山梨県厚生連健康管理センター 055-223-3665(業務課)