HOME こころ×カラダ「つなげる、やさしさ。」健康レシピ 高コレステロール予防 ローマ風カッチャトーラ
こころ×カラダ「つなげる、やさしさ。」健康レシピ

主菜ローマ風カッチャトーラ

印刷する メールへ送信する
高コレステロール予防 貧血予防
鶏皮を除くことで飽和脂肪酸カット!
clip
栄養情報
【1人分あたり】
エネルギー 214kcal
0.6mg
飽和脂肪酸 2.14g
食塩相当量 1.6g
材料
2人分
鶏もも肉(皮なし) 120g
1g
黒こしょう 適宜
小麦粉 大さじ1/2
オリーブ油 大さじ1
フレッシュローズマリー 1枝半位
フレッシュセージ 3~4枚
にんにく 1片
アンチョビ 3枚
パセリ 適宜
白ワイン 1/2カップ
白ワインビネガー 大さじ1
オリーブ油 大さじ1/2
作り方
  1. 鶏もも肉は軽くたたき、内側のスジに切り目を入れて両面に塩こしょうし、全体に小麦粉をまぶして、余分な粉を落とす。

  2. ローズマリー、セージ、にんにくはみじん切りにする。

  3. アンチョビは包丁でたたきペースト状にしておく。

  4. フライパンにオリーブ油をしき、を中火で焼く。焼き色がついてきたら裏返し、ふたをして中火のまま火を通す。

  5. 鶏肉が焼けたら取り出し、そのフライパンにを加え香りが出るまで、軽く炒める。

  6. にアンチョビ、白ワイン、白ワインビネガーを加えて煮詰め、半量位になったらオリーブ油を少しづつ加え、ソースを乳化する。
    *フライパンの底にこびりついたうま味を溶かし込む(デグラッセ)

  7. 皿に鶏肉と季節の野菜を盛り、ソースをかけ、みじん切りにしたパセリを散らす。

管理栄養士よりひと言!

管理栄養士平賀
日本糖尿病療養指導士

カッチャトーラは「猟師風」という意味。今回のレシピは猟師でも狩りの後に豪快に作る事ができるという鶏の煮込み料理です!ハーブの香りを活かしたシンプルな味付けが鶏肉の旨味を際立たせます。
また、酢は減塩だけでなく血糖値を下げる効果もある優秀な調味料です。

今が旬!季節のいちおしレシピ

にんじんのレアチーズケーキ

ごろごろ野菜の「パスタ エ ファジョーリ」

PAGE TOP
▲