HOME こころ×カラダ「つなげる、やさしさ。」健康レシピ 高コレステロール予防 香味野菜たっぷり〜蒸しなすの香り冷しゃぶ~
こころ×カラダ「つなげる、やさしさ。」健康レシピ

主菜香味野菜たっぷり〜蒸しなすの香り冷しゃぶ~

印刷する メールへ送信する
高コレステロール予防 貧血予防
赤身の肉で飽和脂肪酸1/4カット!
clip
栄養情報
【1人分あたり】
エネルギー 243kcal
0.9mg
飽和脂肪酸 1.71g
食塩相当量 1.4g
材料
2人分
なす 2個
豚ロース薄切り肉 120g
大さじ1/2
【たれ】
長ねぎ 5cm
大さじ1
しょうゆ 大さじ1弱
大さじ1
ごま油 大さじ1/2
砂糖 小さじ1
みょうが 2個
青じその葉 5枚
※みょうが、青じそは刻んだ後、水にさらしてアクをとり、水分を絞って使うとよい
作り方
  1. なすはへたを切り、ピーラーで皮をむいて、塩水(水2カップに対して塩小さじ1/2程度)に5分程入れる。

  2. なすを蒸す。粗熱が取れたら縦に幅1.5cm位に切る。
    鍋で蒸す場合…なすがかぶる程度に水を入れフタをし、中火で10分程度蒸し煮する。(煮すぎると水っぽくなるので、なすが透き通る手前位で火を止める)
    レンジで蒸す場合…水を切り、ラップにふんわりと包み、電子レンジで3分ほど加熱する。そのまま1分程おいて、さらに2分程加熱する。

  3. 鍋に湯を沸かして酒を入れ、豚肉を1枚ずつ広げて入れる。肉の色が変わったら、水気を切ってペーパータオルに取り出して冷ます。たれの長ねぎは粗みじんに切ってボールに入れ、残りのたれの材料を加えて混ぜ合わせる。みょうがは縦半分に切って、Ⅴ字に切り込みを入れて芯を取り除き、縦に薄切りにする。青じそは軸を切り、縦に細切りにする。

  4. なす、豚肉、みょうが、青じそを合わせて器に盛り、全体にたれをかける。

管理栄養士よりひと言!

管理栄養士平賀
日本糖尿病療養指導士

薬味をたっぷり使うことで暑い季節にもさっぱり食べられます。体を冷やす効果のあるなすを一緒に食べるところがミソ!たくさんの野菜は血糖値の上昇をゆるやかにし、高血糖により動脈硬貨が進むのを抑えてくれます。
また、疲労回復効果のある豚肉のビタミンB1で夏バテ予防も期待できるのが嬉しいレシピです。

*なすに含まれるアントシアニンはブルーベリーにも含まれるポリフェノールの一種。抗酸化作用や眼精疲労回復効果などもあります。

今が旬!季節のいちおしレシピ

にんじんのレアチーズケーキ

ごろごろ野菜の「パスタ エ ファジョーリ」

PAGE TOP
▲