HOME こころ×カラダ「つなげる、やさしさ。」健康レシピ アンチエイジング 皮ごと使ったかぼちゃのクランブルケーキ
こころ×カラダ「つなげる、やさしさ。」健康レシピ

皮ごと使ったかぼちゃのクランブルケーキ

印刷する メールへ送信する
アンチエイジング
βカロテンとビタミンEのダブルで抗酸化作用!
clip
栄養情報
【1/6個あたり】
エネルギー 233kcal
食塩相当量 0.1g
材料
12cmケーキ型1台分
【ケーキ生地】
かぼちゃ(種を取ったもの) 220g
卵(Mサイズ) 2個
生クリーム 100cc
砂糖 40g
薄力粉 30g
【クランブル生地】
無塩バター 15g
薄力粉 15g
砂糖 15g
アーモンドプードル 15g
【トッピングかぼちゃ】
スライスかぼちゃ(ケーキ生地で使用するかぼちゃからスライスする) 12枚
はちみつ 10g
作り方
  1. 型にオーブンシートを敷いておく。オーブンを180℃に予熱する。

  2. 【ケーキ生地をつくる。】かぼちゃは種とわたを除き、皮ごと5mm程の厚さに切る。そのうち、トッピング用に2×2×0.2cm程のものを12枚スライスし、別の容器に移しておく。

  3. 耐熱容器にかぼちゃと水大さじ1(分量外)を加え、ラップをして電子レンジでやわらかくなるまで加熱する。

  4. ミキサーに卵とかぼちゃを入れ、しっかり混ざるまで回す。

  5. 生クリーム、砂糖、薄力粉を加えてさらに回す。(薄力粉が均等に混ざったら止める。)

  6. 型に流し入れる。

  7. 【クランブル生地をつくる。】ボウルに1cm角位に切ったバター、薄力粉、砂糖、アーモンドプードルをすべて入れ、指をこすり合わせてバターをつぶすように混ぜる。(ボロボロの状態にする。)

  8. の上にクランブル生地をまんべんなくのせる。

  9. で熱しておいた180℃のオーブンで30~35分焼く。クランブル生地に焼き色が付き、竹串を中央に刺してどろっとした液が付いてこなければOK。(少ししっとりした生地が付く程度なら大丈夫。)

  10. 【焼いている間にトッピングのかぼちゃをつくる。】で用意したスライスかぼちゃとはちみつを一緒に耐熱容器に入れる。

  11. 電子レンジにラップをしないで入れて加熱する。(500Wで2分くらいが目安。)

  12. が冷めたらカットし、皿に盛りつけて11をのせる。

管理栄養士よりひと言!

管理栄養士小笠原
アロマテラピーインストラクター

★アーモンドプードルは、アーモンドを細かくパウダー状にしたもので、スーパーのお菓子材料売り場などでよくみかけます。
アーモンドはビタミンEを豊富に含む数少ない食材です(他には植物油などに多く含まれます)。ビタミンEとかぼちゃの色素であるβカロテンにはどちらも高い抗酸化作用があります。体をサビから守る抗酸化作用により、老化やがん・生活習慣病の予防が期待されています。

今が旬!季節のいちおしレシピ

にんじんのレアチーズケーキ

ごろごろ野菜の「パスタ エ ファジョーリ」

PAGE TOP
▲