HOME こころ×カラダ「つなげる、やさしさ。」健康レシピ 貧血予防 焼くだけ!簡単さくら餅
こころ×カラダ「つなげる、やさしさ。」健康レシピ

焼くだけ!簡単さくら餅

印刷する メールへ送信する
貧血予防
お花見にもパパッと作れる一品!
clip
栄養情報
【1人分】
エネルギー 165kcal
1.5mg
食塩相当量 0.5g
材料
【2人分(4個)】
薄力粉 25g
白玉粉 10g
55cc
グラニュー糖 大さじ1
こしあん 100g
食紅 少量
桜の花 4個
作り方
  1. ボールに白玉粉と水1/3を入れ、木べらで混ぜる。グラニュー糖を加え、さらに水1/3を少量ずつ入れてのばしていく。

  2. 1に薄力粉を振るいながら入れる。

  3. 残りの水に食紅を少量溶き、だまにならないよう2に少量ずつ加えていく。混ざったら10分ほど休ませる。

  4. こしあんは、4等分にして俵型に丸めておく。

  5. テフロンのフライパンが温まったら3の生地を流し入れ、楕円形の大きさに広げる。表面が乾いてきたら裏返し、10秒ほどしたら皿に取り出す。※弱火でじっくり焼くと良い!

  6. 生地が冷めたら餡を包み、桜の花を飾る。

管理栄養士よりひと言!

管理栄養士関戸

さくらの季節となりました!お花見にもパパッと作っていける一品です!
小豆の主成分は糖質とたんぱく質ですが、ビタミンB1、B2や食物繊維、またカリウム、カルシウム、鉄分などのミネラルも含んでいます。ビタミンB1は糖質の代謝を促進し、疲労物質がたまるのを予防・解消してくれる働きや、解毒作用があるため、肝臓におけるアルコールの分解も助けてくれます。

今が旬!季節のいちおしレシピ

にんじんのレアチーズケーキ

ごろごろ野菜の「パスタ エ ファジョーリ」

PAGE TOP
▲