HOME こころ×カラダ「つなげる、やさしさ。」健康レシピ 貧血予防 鶏肉と香味野菜のフォー
こころ×カラダ「つなげる、やさしさ。」健康レシピ

主食鶏肉と香味野菜のフォー

印刷する メールへ送信する
貧血予防
たまにはエスニックもいかが?
clip
栄養情報
【1人分】
エネルギー 519kcal
3.2g
カリウム 695mg
食塩相当量 2.4g
材料
フォー(乾麺) 200g
鶏がらスープ 4カップ(素小さじ2)
[A]
 ナンプラー 大さじ1
 塩 小さじ1/2
 黒こしょう 少々
鶏むね肉 160g
玉ねぎ 1/2個
万能ねぎ 4本
フライドオニオン 適宜
ライム、レモン、パクチー、バジル、クレソンなど 適宜
作り方
  1. フォーはぬるま湯に10分ほどつけて、手で握ったときに折れない程度に戻し、水気をきってたっぷりの湯でゆでる。

  2. 鍋にスープを煮立て、鶏肉を入れる。肉に火が通ったら、取り出して細かく裂く。鶏がらスープはAの材料で調味する。

  3. 玉ねぎは薄切りにし、塩でもみ水洗いする。万能ねぎは小口切りにする。

  4. 器に①の麺とスープを盛り、鶏肉、③を盛りつける。お好みでフライドオニオン、レモンや香味野菜を飾る。

管理栄養士よりひと言!

管理栄養士富永

 フォーとは、米から作った麺を使い、あっさりめのスープに肉と香味野菜を散らしたベトナム料理です。日本では乾麺のフォーが一般的ですが、そのまま茹でると外はやわらかいのに芯が残ってしまう、ということがよくあります。しかしひと工夫するだけで、美味しいもちもちの麺になるのです!それは、今回ご紹介したレシピのように「茹でる前に水やぬるま湯で戻しておく」ことです。この間にスープや具材を用意すれば、あとは盛りつけるだけ。
 また今回は鶏肉を使ったレシピですが、ベトナムでは牛肉のフォーもよく食べられています。現地では、鶏肉を使ったフォーは「フォーガー」、牛肉を使ったフォーは「フォーボー」と呼ばれ分けられています。牛肉を使う場合は臭みが出やすいので、香味野菜を多めに盛るのがおすすめです。

今が旬!季節のいちおしレシピ

にんじんのレアチーズケーキ

ごろごろ野菜の「パスタ エ ファジョーリ」

PAGE TOP
▲