HOME こころ×カラダ「つなげる、やさしさ。」健康レシピ 高血圧予防 鮭バーグ ~ミルクみそ煮込み~
こころ×カラダ「つなげる、やさしさ。」健康レシピ

主菜鮭バーグ ~ミルクみそ煮込み~

印刷する メールへ送信する
高血圧予防 骨粗鬆症予防 認知症予防
ミルクのコクで美味しく減塩
clip
栄養情報
【1人分】
エネルギー 196kcal
カルシウム 85mg
食塩相当量 0.8g
材料
【2人分】
〈ハンバーグのたね〉
2切(180g)
エリンギ 50g
玉ねぎA 50g
〈煮込みソース〉
しめじ 50g
玉ねぎB 50g
100cc
みそ 大さじ1/2
牛乳 100cc
片栗粉 小さじ1
大さじ1
作り方
  1. 鮭は皮と骨を除いて包丁でたたいておく。エリンギと玉ねぎAはみじん切りにする。

  2. 玉ねぎBはスライスし、しめじは石づきを除いてほぐしておく。

  3. ①をボウルに入れてよく混ぜ、ハンバーグの形に成形する。フライパンに並べ、両面に焼色がつくまで焼く。

  4. ③に水100ccを加え、みそを溶かす。しめじと玉ねぎBを入れ、ふたをして中火で蒸し煮にする。

  5. 煮汁が半分ほどになったら牛乳を加えて軽く煮立たせる。ひと煮立ちしたら、水溶き片栗粉でとろみをつける。

  6. 器に盛り、お好みでハーブやレタスを飾る。

管理栄養士よりひと言!

管理栄養士小笠原
アロマテラピーインストラクター

ヘルシー食として世界でも人気の和食。その欠点をご存知ですか?実は、塩分が多いことと、カルシウムが不足しがちなことです。和食ではあまり乳製品を使用しないこと、みそやしょうゆ等塩分の多い調味料をよく使うという文化が影響していると考えられます。今回の「ミルクみそ煮込み」は、その二つの欠点を補う事ができます。和の調味料にも乳製品を足す事で、カルシウム補給のほか、乳製品のコクを生かして減塩でも美味しく食べられます。特にお魚と相性のいい味付けなので、生鮭の美味しい時期に是非お試しください。

今が旬!季節のいちおしレシピ

にんじんのレアチーズケーキ

ごろごろ野菜の「パスタ エ ファジョーリ」

PAGE TOP
▲