HOME こころ×カラダ「つなげる、やさしさ。」健康レシピ 骨粗鬆症予防 カラフルキッシュ
こころ×カラダ「つなげる、やさしさ。」健康レシピ

副菜カラフルキッシュ

印刷する メールへ送信する
骨粗鬆症予防
鶏卵×ビタミンCで栄養万全
clip
栄養情報
【1人分】 1/6切
エネルギー 134kcal
カルシウム 125mg
食塩相当量 0.6g
材料
【作りやすい分量】
2個
牛乳 1カップ
1g
こしょう 少々
焼き麩 10枚(20g)
ブロッコリー 1/2房
ベーコン 3枚
ミニトマト 6個
溶けるチーズ 30g
作り方

※オーブンは180℃に余熱しておく。

  1. ボウルに卵を割りほぐし、泡立てないように牛乳を少しずつ加え、塩・こしょうも加えて混ぜる。そこへ焼き麩を5分ほど浸しておく。

  2. ブロッコリーは小房にわけ、茎は皮をむいて長さ2~3cmの薄切りにし、熱湯でさっとゆでる。ベーコンは1cm幅に切る。ミニトマトはヘタをとり半分に切る。

  3. 耐熱容器に1で浸しておいた焼き麩と、2のブロッコリー、ベーコン、ミニトマトをバランスよく並べ、1の卵液を流し入れてチーズをのせる。

  4. 180℃のオーブンで30分ほど、表面に焼き色がつくまで焼く。

  5. 焼けたらあら熱をとって切り分ける。

管理栄養士よりひと言!

管理栄養士小澤
健康運動指導士

ビタミンC以外の全栄養素を含む鶏卵。日本人は1人あたりの消費量がイスラエルに次ぐ世界第2位の卵大好き民族。子どもたちからも親しまれている鶏卵は、江戸時代から食べられているようです。昔はコレステロールが高いからと敬遠されていたこともありますが、卵黄にレシチンという栄養素が入っており、これが鶏卵に含まれるコレステロールを溶かしてくれると証明されています。また卵黄に含まれるコリンは記憶力を高め、認知症予防にもなります。高たんぱくで栄養価も高い鶏卵。1日1個は摂取しましょう。ちなみに、Mサイズ1個=約50kcalで15分のウォーキング※に相当します。
※体重60kgの方の場合

今が旬!季節のいちおしレシピ

にんじんのレアチーズケーキ

ごろごろ野菜の「パスタ エ ファジョーリ」

PAGE TOP
▲