HOME こころ×カラダ「つなげる、やさしさ。」健康レシピ 貧血予防 パスタパエリア
こころ×カラダ「つなげる、やさしさ。」健康レシピ

主食パスタパエリア

印刷する メールへ送信する
貧血予防
フライパン1つで簡単パエリア
clip
栄養情報
【1人分】
エネルギー 314kcal
2.7mg
ビタミンB12 23.3μg
食塩相当量 1.9g
材料
【2人分】
パスタ(1.4mm) 100g
たまねぎ 1/4個
にんにく 1片
ミニトマト 6個
えび 50g
いか 1/2杯(75g)
あさり 80g
オリーブ油 大さじ1
白ワイン 大さじ1
200cc
小さじ1/4
粗引きこしょう 適宜
サフラン ひとつまみ
<飾り>
パセリ 適宜
作り方
  1. パスタはビニール袋に入れて細かく砕く。玉ねぎ。にんにくは粗みじん切り、ミニトマトは半分に切る。えびは背わたを取り、いかは食べやすい大きさに切る。あさりは砂抜きをしておく。

  2. フライパンにオリーブ油を熱し、たまねぎとにんにくを炒める。しんなりしてきたら、パスタを加え、オリーブ油がなじむまで炒める。

  3. 白ワインを加え、香りが立ったら、水、塩、こしょう、サフランを入れて混ぜ、えび、いか、あさり、ミニトマトを乗せ蓋をする。中火でパスタの表示時間マイナス1分茹でる。

  4. あさりの殻が開いたら1度取り出し、汁が残る場合は、焦げないようにかき混ぜながら、強火で汁気を飛ばす。

管理栄養士よりひと言!

管理栄養士白井

魚介の旨味と香りをたっぷり凝縮させた、スペイン料理のパスタで作るパエリアをご紹介します。主にスペイン地中海沿岸の地域で人気の料理です。お米を忘れた漁師が、船の上で作ったのが始まりとも言われています。生米より短時間で作れ、炊き具合の心配が要らないのでとっても簡単です。また、今が旬のあさりには鉄やビタミンB2が豊富に含まれ、貧血予防や疲労回復効果が期待できます。

今が旬!季節のいちおしレシピ

一口アップルパイ

ローストポークと彩り野菜の林檎ソース

PAGE TOP
▲