HOME こころ×カラダ「つなげる、やさしさ。」健康レシピ 骨粗鬆症予防 厚揚げ南蛮
こころ×カラダ「つなげる、やさしさ。」健康レシピ

主菜厚揚げ南蛮

印刷する メールへ送信する
骨粗鬆症予防
厚揚げでカルシウムアップ!
clip
栄養情報
【1人分】
エネルギー 207kcal
カルシウム 253mg
食塩相当量 1.1g
材料
【2人分】
厚揚げ 200g
舞茸 60g
しめじ 60g
紫玉ねぎ 50g
ピーマン 1/2個
柑橘(レモンや柚子) 1/4個
 
〈南蛮だれ〉 
 作りやすい分量

2人分約大さじ4
200cc
米酢 50cc
砂糖 大さじ2と1/3
しょうゆ 大さじ2弱
小さじ1/2
切り昆布 2g
唐辛子(小口切り) 適宜
作り方
  1. 厚揚げと、石突を落として小房に分けたきのこを魚焼きグリルで焼く。
    (テフロンのフライパンでも代用可能。)

  2. 玉ねぎは薄切りにし、水にさらして水気を切る。ピーマンは種とヘタをとり、細めの千切りにする。

  3. 焼いた厚揚げは一口大のサイコロ状に切る。

  4. 小鍋に南蛮だれの材料を全て入れ、中火で沸かし火を止める。途中アクが浮いたらすくい取る。

  5. 器に厚揚げときのこ、2の野菜を盛り、南蛮だれをかけ、柑橘を添える。

管理栄養士よりひと言!

管理栄養士大川

今回ご紹介するレシピの厚揚げには骨の健康維持にかかせないカルシウムが豊富に含まれており、1人分100gで、1日に必要な1/3量を摂ることができます。また、南蛮だれに使用したお酢や柑橘のレモン、柚子の酸には、カルシウムの吸収を助ける働きもあります。骨を丈夫にする「厚揚げ南蛮」を、ご家族みなさまでお召し上がりください!

今が旬!季節のいちおしレシピ

パプリカバーグ ジンジャーみそソース

ジャージャーそうめん

PAGE TOP
▲