HOME 今月のおすすめ♪健康情報 健康 治りにくい「夏風邪」にご注意を!
今月のおすすめ♪健康情報
治りにくい「夏風邪」にご注意を!

いよいよ本格的な夏の到来。
皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

エアコンの普及により、暑い夏も快適な室温で暮らせるようになりましたが、暑いからといって身体を冷やし過ぎてしまうと、免疫力が低下したり、体調を崩しやすくなったりします。
そこで今回は、この時期に注意したい「夏風邪」についてお伝えします。

「夏風邪」の特徴

夏風邪ウイルスは湿気が好き

一般的に風邪ウイルスは低温で乾燥した空気を好みますが、夏風邪ウイルスは高温・多湿を好み、湿度50%以上になると活発に働きます。梅雨の時期から夏にかけて活動性が増し流行するため、注意が必要です。

のどやお腹の痛みが特徴

冬風邪は熱が高くなりますが、夏風邪は37.5℃くらいの微熱が続きます。また、夏風邪ウイルスは、のどや腸で増えるため、のどの痛みや激しい咳、腹痛、下痢などの症状が主で、冬風邪のような鼻水や鼻づまりの症状が出にくいのが特徴です。

なぜ「夏風邪」は治りにくいのか

夏風邪の原因となるウイルスはほとんどがお腹の中で増殖するため、体の外に排出されるまで時間がかかる上、有効な治療薬がありません。さらに夏は、食欲不振などにより体力や免疫力が落ちやすいため、ウイルスを退治するまでに時間がかかってしまうのです。

「夏風邪」を防ぐには

外出から戻ったら、こまめに手洗いをする

夏風邪ウイルスのついた手で、鼻や口を触ると感染してしまいます。
日頃からこまめに手洗いやうがいをして、
ウイルスを洗い流すことが予防の第一歩です。







☆正しい手洗いの方法☆

流水でよく手を濡らした後、石鹸をつけて、①手のひら⇒②手の甲⇒③指先・爪の間⇒④指の間の順に丁寧にこすり洗いします。親指はねじるようにして洗い、手首も忘れずに洗いましょう。その後、石鹸を流水でよく洗い流し、清潔なタオルやペーパータオルでよく拭き取ります。
※手洗いは15秒ほどかけて丁寧に洗うと効果的です。
※洗い残しが多い、指先・爪と皮膚の間・甘皮の部分・手のしわ・親指のつけ根・手首は意識して洗うようにしましょう。

エアコンの使いすぎに注意

身体の冷やしすぎは免疫力低下につながり、お腹を冷やすと腸の働きが悪くなります。オフィスなどではひざ掛けなどを常備し、お腹や足元を冷やさないよう注意しましょう。室温は28℃くらいが最適です。

寝る前に体温を上げすぎない

人間の体は、寝ている間は体温が下がるようになっています。そのため、寝る前に体を温めてしまうと、寝た後に体の冷え方が急激になり、風邪を引きやすくなります。よって入浴後は、1時間以上たってから寝るのがオススメです。

  

夏バテと勘違いして対処が遅れることが多い「夏風邪」。まずは「夏風邪」を引かないようにすることですが、万が一引いてしまったら、早めの対処を心掛けましょう。


《参考文献》
季節の図鑑、小学館:NHK「ためしてガッテン健康辞典 ①病気にならない健康法辞典」



PAGE TOP
▲