HOME 今月のおすすめ♪健康情報 健康 「フレイル予防」で、健康寿命を延ばしましょう!
今月のおすすめ♪健康情報
「フレイル予防」で、健康寿命を延ばしましょう!



みなさんは健康寿命をご存知でしょうか?

健康寿命とは、医療や介護を必要とせず、元気に自立して過ごせる期間のことです。


2018年の日本人の平均寿命は男性81.25歳、女性は87.32歳と共に過去最高を更新し、
長生きする方が増えています。
その反面、2016年の日本人の健康寿命は男性72.14歳、女性74.79歳と、平均寿命を912年程度下回っています。
つまり、男女ともに約10年間は寝たきりや要介護など、健康上の理由で生活に制限がかかる方が多いという
現状があります。


今回は「フレイル予防」で健康寿命を延ばすための方法をお伝えします。






フレイルとは


「虚弱」「老衰」「脆弱」という意味です。
「自立した生活ができる健康な状態」と「介護を受けなければならない状態」の中間の状態を指します。
フレイルは適切な対処により、健康な状態に戻ることが可能であることが特徴です。
高齢者の多くがフレイルの段階を経て要支援・要介護状態になっていくことから、
フレイルの早期発見や予防は高齢者が健やかに過ごすためにとても大切です。




フレイルの原因


・身体的要素...低栄養、筋力低下、慢性疾患など

・精神的要素...うつ、認知症など

・社会的要素...独居、経済的困窮など


この3つの要素が複雑に重なり合うことでフレイルが発症します。



フレイルになると...


・身体能力が低下し、活動しにくくなる

・寝たきりや要介護状態になる

・免疫力が低下し、感染しやすくなる

・死亡率が上昇する


フレイルチェックをしてみましょう



①意図しない体重減少がある。(過去2年間で5%以上)

②握力が男性26㎏未満、女性18㎏未満である。

③普通歩行速度1m/秒未満である。(横断歩道を青信号のうちに渡れない)

④余暇身体活動量が同年代の人と比べて少ない

⑤「何をするのにも面倒だ」または「仕事が手につかない」と感じることがある

5項目のうち、3項目以上該当するとフレイル、1または2項目該当すると、フレイル予備軍と判断します。




フレイルを予防するために



①バランスの良い食事を心がけましょう!

主食・主菜・副菜を揃えたバランスの良い食事を摂りましょう。

主食...米、麺、パンなど

主菜...肉、魚、卵、大豆製品など

副菜...野菜、海藻、きのこなど


②感染症の予防をしましょう!

免疫力が低下すると、インフルエンザや肺炎などの感染症にかかりやすくなり、

重症化しやすい傾向があります。

・手洗い、うがいを習慣にする

・十分な睡眠をとる

・インフルエンザや肺炎球菌などのワクチンを接種する。

感染症にかからないように免疫力を上げておくことが大切です。


③適度な運動をしましょう!

適度な運動は筋肉や関節などの運動機能を維持することに繋がります。

ウォーキングやストレッチ、球技など、楽しみながらできる運動を継続しましょう。

また、農作業や庭の手入れ、家事など、日常生活の中でこまめに動くことも効果的です。


④人との繋がりを大切にしましょう!
外出する機会が減り、家に閉じこもりがちになることでフレイルを発症しやすくなります。

趣味活動やボランティア、地域の活動など、人と交流する機会を積極的に作りましょう!



フレイルを予防することで健康寿命が延び、いつまでも元気にいきいきと過ごすことが

できます。これからの生活にぜひ取り入れてみてください。



参考:国立長寿医療研究センター ホームページ

   公益財団法人 長寿科学振興財団 健康長寿ネット

   健康づくりのための活動指針 アクティブガイド

   フレイルの意義 荒井秀典 日本老年医学会雑誌2014


PAGE TOP
▲