HOME 今月のおすすめ♪健康情報 健康 ~ ノロウイルス・RSウイルスから身を守る為のポイント ~
今月のおすすめ♪健康情報
~ ノロウイルス・RSウイルスから身を守る為のポイント ~

皆さん、こんにちは。毎日厳しい寒さが続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

冬になると、空気が乾燥し病原体が空気中に漂うことで、病原体が口や鼻から体内に入り感染しやすい環境となります。今回は、感染症の中でも冬場に流行期を迎え、強い感染力を持つノロウイルスとRSウイルスについてお話をしていきます。


◆ノロウイルス

ノロウイルスは、子どもから大人まで誰もが発症し、潜伏期間は2448時間とされ、主症状として胃腸炎を伴う、悪心や嘔吐、下痢、腹痛、発熱があげられます。通常3日間程度で治ることが多いですが、まれに重症化し入院を要することもあります。

感染経路としては、ウイルスに汚染された食品を摂取することで感染する『経口感染』、便・吐物に接触した手を介する『接触感染』、吐物などからの飛沫を吸収して感染する『飛沫感染』、下痢便や吐物の処理が適切に行われず残存したウイルスが空気中に舞い上がり吸収して感染する『空気感染』が考えられます。

ノロウイルスを発症すると、嘔吐と下痢を繰り返し、1日数回から十数回以上に及ぶ場合もあります。特に小さな子どもや高齢者は脱水対策が大切です。吸水のよい経口補水液の摂取がおすすめです。

◆ノロウイルスへの感染対策、消毒方法

ノロウイルスは非常に感染力が強く、10個程度のウイルスで感染・発病します。ごく少量のウイルスで発病するので、家庭内での二次感染も起こりやすいです。日頃から正しい感染対策、消毒方法を行いましょう。

①手洗いをしっかりしましょう。
外出後、調理を行う前、食事の前、トイレの後、また下痢等の汚物処理を行ったあとは必ず手洗いを行いましょう。常に爪は短く切って、指輪等をはずし、石鹼を十分泡立てブラシなどを使用するとより効果的です。

②食品はしっかり加熱しましょう。
生ガキ等の二枚貝は非加熱で摂取することで、感染リスクがあがります。食品の中心温度が85℃で1分間以上加熱を行うことで感染性をなくすことができます。


③感染者の便や嘔吐物を正しく処理しましょう。
感染者の便や吐物には大量のウイルスが存在し感染源となりうるため、その処理には十分注意が必要です。

・ノロウイルスは空気中に漂うため、屋外に出ていくよう空気の流れに注意しながら、十分に換気をします。

・使い捨てのマスクや手袋、エプロンを着用し、自分自身を守ると同時に周りを汚染させないようにしましょう。

・ペーパータオルや新聞紙等で汚物を拭き取り、静かにビニール袋に入れます。

・拭き取ったあとは、0.1%次亜塩素酸ナトリウム (1)を染みこませたペーパータオル等で拭き、その後水拭きをします。

・拭き取りに使用したペーパータオル等は全てビニール袋に密閉して破棄します。その際、廃棄物が十分に浸る量の0.1%次亜塩素酸ナトリウムを入れることが望ましいです。

・処理後はペーパータオル等を使用し、直接蛇口を触れずに、石鹼でしっかりと手洗いを行いましょう。

1  0.1%次亜塩素酸系ナトリウム液は市販の塩素系漂白剤で作ることが出来ます。

(原液濃度5~6%を使用の場合)

500ml+塩素系漂白剤キャップ2杯分(10ml)=濃度0.1

RSウイルス

RSウイルスは世界中に分布し、生後1ヶ月までに半数以上、2歳までにほぼ100%が感染するとされています。非常に感染力が強く、感染後も有効な抗体は獲得できず、何度も感染と発病をくり返します。2~8日の潜伏期間後、発熱、鼻水など風邪症状に似た症状が現れ、多くの場合は2~3日で自然に治ります。しかし、初感染の乳幼児の3割は、咳の悪化、喘鳴、呼吸困難などの症状が出ます。また、高齢者も入院治療を要する重篤化する恐れもあるため、要注意です。

RSウイルスへの感染対策、消毒方法

乳幼児や高齢者と接する機会の多い人は、日頃から手洗いをきちんとしましょう。風邪っぽいなと感じるときは、RSウイルスに感染しているリスクもあります。手洗いは、石鹼と流水、またはアルコール系消毒剤も有効です。咳やくしゃみがでるときはマスクの着用も忘れずにしましょう。また、手すりやドアノブなどもこまめにアルコール消毒することも有効です。乳幼児や高齢者にうつさないよう、夏の終わりから冬にかけての流行期は十分注意していきましょう。

~参考文献~

  1. 看護過程の沿った対症看護 第5版 病態生理と看護のポイント

  2. 改訂 ノロウイルス現場対策 その感染症と食中毒

  3. 図解 知っておくべき感染症33 原因・症状・予防法

PAGE TOP
▲