お知らせ

HOME > お知らせ > イベント > 第3回「つなげる、やさしさ。」健診・人間ドック体験記コンクール入賞発表

第3回「つなげる、やさしさ。」健診・人間ドック体験記コンクール入賞発表

2017.04.17
イベント
先に募集しておりました『第3回「つなげる、やさしさ。」健診・人間ドック体験記コンクール』入賞10作品を発表します。
本コンクールは、健康寿命の延伸に向けた取り組みの一環として、健診や人間ドックを受け、病気の早期発見や生活習慣の改善などにつながった体験、受診を通して感じたこと、思ったこと、伝えたいことなどをまとめた体験手記などを募集し、受診へのきっかけづくりとしていただくことを目的に開催しています。
今回、平成28年11月15日(火)から平成29年2月20日(月)まで作品を募集したところ、県内外より298編のご応募がありました。
最優秀作品につきましては、平成29年5月12日(金)に甲府市総合市民会館芸術ホールで開催する『第6回「つなげる、やさしさ。」市民公開講座』において、表彰と朗読を行います。

入賞作品

最優秀作品賞 1作品

橘 美沙さん(東京都府中市)    「健康診断の贈り物」

優秀作品賞 3作品

三野宮 翔さん(東京都江東区)   「大切な人を悲しませないために。」
三浦 美千子さん(東京都江東区)  「健康に生きるための自己責任。」
後藤 喜朗さん(岐阜県岐阜市)   「人間ドックが教えてくれたもの」

審査員特別賞 1作品

遠藤 薫さん(東京都墨田区)    「人間ドックが教えてくれた」

佳作 5作品

本田 賢悟さん(神奈川県川崎市)  「生かされている喜び」
井上 美波さん(大阪府大阪市)   「大切な毎日の一日」
辻 基倫子さん(山梨県甲府市)   「生き方を教えてくれる人間ドック」
望月 正明さん(山梨県南アルプス市)「厳冬の朝の記憶」
渡辺 惠子さん(徳島県徳島市)   「宿命を使命にかえて」

※作品は後日公開いたします。

関連記事