お知らせ

HOME > お知らせ > 厚生連より > 人間ドックフロアに光触媒コーティングを実施しました。

人間ドックフロアに光触媒コーティングを実施しました。

2020.02.22
厚生連より

人間ドックの全フロア、ならびに1階外来診療フロアに対し、抗菌・抗ウイルス効果のある光触媒コーティングを実施しました。
光触媒とは、空気中を浮遊しながら近づいてくる細菌・雑菌・カビ菌・ウイルス・化学物質・悪臭・ヤニ汚れなどの有害物質を光エネルギー(紫外線)の力で分解・無害化してしまう作用のことで、このコーティングを施すことによって優れた消臭効果と防汚効果、抗菌・抗ウイルス効果が長期間に渡り持続します。

















光触媒って?

光を受けることで、それ自身は何ら変化せず、他の物質の反応を促進する物質のことです。中でも群を抜いて高い効果を発揮する金属が酸化チタン(二酸化チタン)です。

光触媒コーティングって?

酸化チタンを水溶液にしたものが光触媒コーティング剤の材料です。これをフロア全体にエアースプレーガンで吹き付け塗装しています。すると目には見えないごく薄い膜(1ミクロン程度)ができます。これが光触媒コーティングです。

どのような効果があるの?

酸化チタンでコーティングされたフロア全体が、光を受けることで「スーパーオキサイドアニオン」と「ヒドロキシラジカル」という活性酸素を発生させ、強力な酸化分解力を生み出します。そして近づいてくる悪臭や汚れ付着の原因となる空気中の油分、雑菌、カビ菌、ウイルスや有害化学ガスなど様々な危険物質を繰り返し分解除去し、空気中に無害な物質として発散します。つまり、フロア全体が空気清浄機のような効果を生み出すようになるのです。









関連記事