特定健診・特定保健指導

ホーム > 特定健診・特定保健指導

特定健診・特定保健指導のご案内

メタボリックシンドロームイメージ 男性の2人に1人、女性の5人に1人が「メタボリックシンドローム(メタボ)」またはその予備群。
平成20年度より、40歳〜74歳の健康保険に加入している方(家族を含む)を対象にメタボを予防・改善する「特定健診・特定保健指導」が始まりました。


今までの健診は病気の早期発見・早期治療を目的としていましたが、「特定健診・特定保健指導」は、健診によってメタボやその予備群を見つけ出し、その後に行う生活習慣の見直しや病気の予防に向けた「保健指導」に重点が置かれるようになりました。当センターでは保健師、管理栄養士、健康運動指導士がチームを組み、平成20年度より年間1,000名を超える方々に特定保健指導を実施しています。
特定保健指導には当センターオリジナルの「特定保健指導支援システム」を使用し、生活習慣の改善に向けたより具体的なアドバイスを行っています。

健診から保健指導までの流れ

1.まずは、特定健診を受けます!

以下のような基本的な健診を受け、メタボやその予備群ではないかを判定します。

基本的な健診の内容
  • 理学的検査(診察)
  • 生活習慣を把握するための問診
  • 身体計測(身長・体重BMI・腹囲)
  • 血圧測定
  • 尿検査(尿糖・尿蛋白)
  • 血液検査
  • 血液脂質(中性脂肪・HDL-C・LDL-C)
  • 糖尿病(空腹時血糖またはHbA1c)
  • 肝機能(GOT・GPT・γ-GTP)

さらに医師が必要と判断した場合は詳細な健診(貧血検査、心電図検査、眼底検査)を受け、心臓や脳血管疾患などの危険がないかを調べます。

2.判定。その後、対象となった方は特定保健指導を受けます!

健診結果に応じて以下のようなグループに分けられます。そのうち、生活習慣の改善が必要と判定された「動機付け支援」「積極的支援」の方は面接をはじめとする様々な支援を受けます。
健診の結果によるグループ分け保健指導の内容
情報提供動機付け支援積極的支援受診勧奨
生活習慣を改善する必要性が低い方      
生活習慣を改善する必要性が中程度の方    
生活習慣を改善する必要性が高い方    
治療が必要な方    
【特定保健指導の判定と支援内容】

情報提供 今のところ生活習慣の改善があまり必要ない方

生活習慣の見直しや改善のきっかけとなるような情報(パンフレットなど)を提供します。これは特定健診を受けた全ての方に行います。

動機付け支援 生活習慣の改善が必要な方(メタボ予備群と判定された方)

    STEP1健診結果をもとに面接を行い、まずは生活習慣の見直しを行います。
    STEP2生活習慣を改善するための目標を決めていきます。
    STEP3その後、生活習慣の改善に向けて取り組んでいただきます。
    STEP46ヶ月後に電話またはメールで、体重や腹囲などをお聞きしてメタボや生活習慣の改善具合を確認します。

積極的支援 生活習慣の改善がとても必要な方(メタボと判定された方)

    STEP1〜2までは、動機付け支援と同じです。
    STEP3目標が決まりましたら来所コース(来所し担当者と一緒にがんばるコース)電話またはメールコース(電話やメールで励ましを受けながらがんばるコース)のうちどちらかを選択し、運動や食事に関する支援(3ヶ月以上)を受けていただきます。
    STEP46ヶ月後に来所、電話またはメールで体重や腹囲、目標の達成率などをお聞きしてメタボや生活習慣の改善具合を確認します。

受診勧奨

医療機関の受診や治療を受けることをお勧めする方です。