山梨県厚生連健康管理センター
山梨県厚生連健康管理センター
山梨県厚生連健康管理センター

健康情報

Health information

今月のおすすめ♪
健康情報

梅雨も明け、いよいよ本格的な夏を迎えましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
高温多湿の山梨県では、これから冷房の出番が増える時期となります。熱中症予防のために冷房は欠かせない存在ですが、使い方によっては体調を崩す原因となります。
そこで今回は、この時期に気をつけたい”冷房病“についてご紹介します。

 

冷房病

冷房病とは

私たちの体は、自律神経の働きによって体温調節をしています。暑い時には、血管を拡張して体の熱を外に逃がします。反対に、寒い時には、血管を収縮させて熱が外に逃げないようにしています。
しかし、冷房により室温が下がった室内に長くいたり、外気温との温度差がありすぎると体温調節が上手にできずに自律神経が正常に働かなくなり、様々な不調が起こります。
これを”冷房病“と言います。

冷房病の症状は?

手・足・腰など体がだるい、疲れる、冷えるだけではなく、食欲不振や下痢などの胃腸に起こる症状が見られます。また自律神経は、免疫やホルモンとも深い関係があるため、女性の場合は生理不順や生理痛などの原因になることもあります。

冷房病を予防しよう

冷房病にならないためには、自律神経になるべく負担をかけないようにすることが必要です。
いくつか対策をご紹介します。ご自分にあったものからはじめて、冷房を上手に使用し、健康に夏をお過ごしください。

冷房の温度を上げる

室温が25℃以下の場所に長く滞在したり、外気温との温度差が5℃以上あったりすると、冷房病になりやすいとされています。冷房の温度は28度を目安に設定することをお勧めします。しかし、職場や公共機関では、自分で温度を調整する事ができない事も多いと思います。そんな時は、カーディガンを羽織ったり、ひざ掛けを使用したりして体に直接冷房の風が当たらないような工夫をしましょう。

入浴で体を温める

夏は、さっとシャワーで済ませてしまいがちですが、38℃~40℃程度のぬるめのお湯で、ゆっくり湯船につかって体を温めることで自律神経のバランスが整えられ、体温調節機能が改善されます。

適度な運動を毎日続ける

冷えにくい体を作るために、軽い運動を毎日続けると良いです。ウォーキングやお風呂あがりのストレッチなど、1日10分程度の運動を続けることによって血行が良くなり、体温調節機能を整える事ができます。

温かいものを積極的に取り入れる

夏の暑い日は、アイスや冷えたジュースなどが欲しくなりますが、こういったものを取りすぎると、体は冷えてしまいます。なるべく温かいものを摂取することを心がけてください。特に、生姜の入った飲み物など、体を温める働きのあるものがおすすめです。

 

 

参考文献
1.小林弘幸/自律神経を整えるゆっくり健康法/大和書房/2014
2.福田千晶/夏に負けない身体をつくるホントはコワイ夏バテ51の対策/日東書院/2013P44-45
3.世界大百科事典第2版/平凡社/2005

topへ戻る

山梨県厚生連健康管理センター

人間ドックWEBサービス

山梨県厚生連健康管理センター

アプリを使う

山梨県厚生連健康管理センター

ホーム

山梨県厚生連健康管理センター

ドックガイド

山梨県厚生連健康管理センター

外来情報

山梨県厚生連健康管理センター

健康情報

山梨県厚生連健康管理センター

クーポン

新着通知を受け取る    はい いいえ