厚生連公式ブログ

HOME > 厚生連公式ブログ > 健康情報 > 秋の花粉症情報

秋の花粉症情報

2015.09.16
健康情報

みなさんこんにちは。
すっかり季節は秋らしくなりました。今回は秋の花粉症についてご紹介いたします。

花粉症といえば春のスギが有名ですが秋にも花粉症はあります。
スギ、ブタクサ、イネ科植物による花粉症は世界3大花粉症といわれ、
ブタクサは「マッカーサーの置き土産」と呼ばれるように日本には第2次世界大戦後に
米国から帰化した植物だといわれています。
また、カモガヤも明治時代に日本に広がりました。

身近な植物の花粉「草本(そうほん)花粉」

夏から秋にかけて、花粉症の症状が出たら、その原因は「草本花粉」かもしれません。
草本花粉とは、イネ科やキク科、ブタクサ属などの、背が低い、いわゆる雑草の花粉です。
これらの草本植物は丈が低く、花粉は数10mの範囲にしか広がりません。

【対処法】

①草が生い茂る野原には極力行かず、行かれる際にはマスクやメガネ、帽子の着用をしましょう。
②外出後は手洗い、うがい、洗顔の徹底をしましょう。
また、掃除の際、先に掃除機をかけてしまうと、花粉が舞い上がってしまい、吸い込むことになります。
掃除は先に拭き掃除から行うのがお勧めです。
③アロマテラピーを使った方法を試してみましょう。
アロマポットの使用や、手軽にマグカップにお湯を注ぎ、オイルを垂らして蒸気を吸い込む方法もあります。
ティーツリー、ユーカリ、ペパーミントを使うと、鼻づまりもすっきり解消します。
目がかゆいときは、洗面器のお湯や水にオイルを落として混ぜ、これでおしぼりを作って目に当てると効果的です。
特に炎症を鎮め、呼吸も楽にするとされているラベンダーがおすすめです。

★花粉症Check!


 
  ●こちらの症状に3つ以上当てはまる際には
   秋の花粉症の疑いがあります。
   はやめに医療機関への受診をお勧めします。







引用・参考文献
①的確な花粉症の治療のために・厚生労働省
②花粉症対策ガイド・協和発酵キリン
③図:2007/10/01付 西日本新聞朝刊

関連項目

カテゴリ