厚生連公式ブログ

HOME > 厚生連公式ブログ > 健康情報 > これからの時期が肝心!乾燥肌対策

これからの時期が肝心!乾燥肌対策

2015.12.01
健康情報

皆さん、こんにちは。
日増しに寒さが加わってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

この時期になると空気が乾燥することで肌の潤いが奪われやすく、
カサカサするだけでなく痒くて辛い思いをされる方も多いのではないでしょうか?
肌が乾燥すると皮脂量や保湿能力が低くなり、
バリア機能も低く刺激によって炎症を起こしてしまうこともあります。
肌を乾燥から守るためには、日頃の生活環境や習慣を整えることが大切です。

そこで今回は、肌を乾燥から守るポイントについてご紹介いたします。


部屋の湿度を保つ

エアコン、こたつ、電気カーペットなどの暖房の長時間使用は肌を乾燥させやすいです。
暖房はつけっぱなしにせず、時々空気の入れ替えや、加湿器の利用が効果的。
加湿器のない場合には、部屋に洗濯物や濡れたタオルを干すだけでも良いです。
また、理想的な湿度は50~60%になります。



適した肌着の着用

ナイロン系やウールは刺激が強く、肌が乾燥してチクチク感じやすいため、
肌に直接触れる衣類は、肌に優しい天然素材の綿やなめらかな絹が良いです。



入浴方法



















熱いお湯は皮脂がはがれやすくなり肌を乾燥させるため、
38~40℃程度のぬるめのお湯につかることが良いです。
保湿剤入りの入浴剤もお勧めです。
肌へダメージを与えないように、低刺激の石鹸やボディシャンプーを良く泡立てて使用し、
ゴシゴシと擦らずに優しく手でなでるように洗いましょう。



しっかり保湿をする

保湿クリームを塗ることで皮膚の表面に人工的な膜をつくり、
低下した皮脂膜の作用を補うことで肌を乾燥から守ることができます。
使用ポイントは、肌が乾燥しやすい入浴後や水仕事の後はすぐに塗ること、
手のひらで優しく塗ることです。湿疹ができている場合は、まずは皮膚科に受診して下さい。



適度な運動

運動不足だと血行が悪くなり、肌が乾燥しやすくなります。
ウォーキングなどの適度な運動をし代謝を促進しましょう。




乾燥を防ぐ食材を積極的に摂る

肌の潤いを守る天然保湿因子はタンパク質が変質したアミノ酸で、
細胞間脂質の40%を占めるセラミドは必須脂肪酸というものが材料となっています。
どちらも食事から摂取できる栄養です。
お勧めは、納豆や豆腐などの大豆製品、みそ、サーモン、赤身の肉、牡蠣、こんにゃくなどです。

ぜひ今年は毎日の心がけで、肌を乾燥から守っていきましょう!

参考文献:
「スキンケア 大人の基本」宝島社
「NHK今日の健康」2007年1月号 日本放送出版協会
「暮しと健康」2008年1月号 保健同人社

関連項目

カテゴリ