HOME こころ×カラダ「つなげる、やさしさ。」健康レシピ メタボ予防 ごろごろ野菜の「パスタ エ ファジョーリ」
こころ×カラダ「つなげる、やさしさ。」健康レシピ

主食ごろごろ野菜の「パスタ エ ファジョーリ」

印刷する メールへ送信する
糖尿病予防 メタボ予防
寒い時期に温まる1品
clip
栄養情報
【1人分あたり】
エネルギー 149kcal
カリウム 386mg
食物繊維 4.4g
食塩相当量 1.1g
材料
2人分
じゃがいも 65g
たまねぎ 45g
にんじん 30g
セロリ― 10g
にんにく 1/2片
オリーブ油 大さじ1
トマト 50g
いんげん豆の水煮 40g
コンソメ(固形) 1/2個
ローズマリー 1枝
ローリエ 1/2枚
250cc
1.0g
ショートパスタ 20g
作り方
  1. にんじん、じゃがいも、セロリ―はひと口大に、玉ねぎは薄切りに、にんにくはみじん切りにする。トマトは湯むきして、ざく切りにしておく。

  2. 鍋にオリーブ油とにんにくを入れ弱火にかけ、香りが出たら玉ねぎ、セロリ―を加えて中火で炒める。

  3. ②の野菜がしんなりしたらにんじん、じゃがいもを加え、こうばしい香りが立つまで炒める。

  4. いんげん豆の水煮とトマト、水、コンソメ、ローズマリー、ローリエを加え、アクを取りながらじゃがいもが煮崩れるくらいまで煮込む。

  5. 塩を加え、ローズマリーとローリエは鍋から取り出す。その間にパスタを茹でる。スープとパスタを混ぜ合わせる。
     ※お好みでパルミジャーノチーズをかける。

管理栄養士よりひと言!

管理栄養士平賀
日本糖尿病療養指導士

「パスタ エ ファジョーリ」とはイタリア語でパスタといんげん豆という意味で、イタリアの伝統的な家庭料理です。ショートパスタと豆が入って入れば、ほかに特に決まりはありません。今回は、トマトベースのスープに野菜をたっぷり使用しました!いんげん豆には食物繊維が豊富に含まれています。たっぷりの野菜と一緒に食べることで、便秘解消にピッタリな1品です。  

~忙しい時のトマトの湯むきは?~

トマトは湯むきしなくても、煮込めば皮だけ浮いてくる為、大きめ(4等分など)に切り、煮込み中に皮を取り除いてもよい。

  

今が旬!季節のいちおしレシピ

にんじんのレアチーズケーキ

ごろごろ野菜の「パスタ エ ファジョーリ」

PAGE TOP
▲